既存のPCをシンクライアントとして利用するUSBトークンと専用VPN

ゲートウェイ中継アプライアンスとで構成されるセキュアアクセス用

パッケージです。

ユーザーが簡単に利用でき、管理者の運用もシンプルです。

震災や計画停電に伴う在宅勤務可能なIT環境整備に最適です。



          
                USBトークン型シンクライアント         VPNゲートウェイ中継アプライアンス



コストを抑えた在宅勤務IT環境構築に最適


AcceServeはUSBトークン型シンクライアントとVPNゲートウェイ中継アプライアンスとで構成されるリーモートアクセスソリューションです。
AcceServe(アクセサーブ)はコストを抑えた、自営型在宅勤務IT環境の素早い構築に最適です。
数々の改良を重ねてきたAcceServeがVer3.0へバージョンアップ。
旧バージョンに比較して、より柔軟で完成度の高いシステムをご提供します。
情報持ち出しや、なり済ましができない、RAM領域のないUSBトークンと専用VPN G/Wアプライアンスによって、小規模オフィス・中小企業から大規模システムに対応していますので是非お問合せください。




利便性とセキュリティー確保が両立


■手元PCから安全に会社PCやターミナルサーバーにアクセス可能です。
■RDP, RemoteApp, Go-Global, VNC等多彩なプロトコルに対応しています。
■USBトークンはCD-ROM領域と秘匿領域で構成され改ざんが不可能です。
■USBトークンにはRAM領域がないのでファイルの持出しやウィルス侵入が不可能です。
■手元PCはすべてのWindows7,Vista,XPに対応していますので、運用が簡単です。
■手元PCでウィルスチェックプログラムが起動していないときに、ユーザーへ警告を表示可能です。
■会社ネットワークにはPCにUSBトークンを挿し、ワンタイムパスワード認証でVPN接続されます。
■一定回数のパスワード誤入力でトークンをロックできます。
■専用VPN G/Wアプライアンスサーバでスモールスタートが可能です。
■Dynamic DNS対応なのでGlobal 固定IP不要の運用が可能です。
■プロキシを使用可能です。(IE設定、HTTPプロキシ、Basic認証対応)
■NATの奥に設置されているDHCP付与の社内PCに接続可能です。
■シンプルな管理Webインターフェイスが提供されますので導入・運用が容易です。
■USBトークンソフトウェア更新機能を提供します。
■自営型運用タイプで拡張性を確保しつつ、ASPサービスと異なり、利用サービス費用がありません。



簡単な操作を実現

インターネットやイントラネットに接続されているWindowsパソコンにAcceServe USBシンクライアントを挿入するだけで、シンクライアント作業が行えますから、どこからでも簡単に自席PCや会社サーバーにアクセスできます。
接続元PCのアカウントは管理者権限不要・インストールも不要なので、AcceServe USBシンクライアントを挿入するだけで、利用者が特別な操作を行う必要がありません。
また、操作元PCのBIOS再設定、シャットダウン、リブートなど複雑な操作は必要がありません。

低コストで強固なネットワークセキュリティーを実現

リモートアクセスのネットワークセキュリティー要件であるAcceServe USBシンクライアントVPNは、RFC4251・RFC4419・RFC4254に準拠し、AES-256-CTS暗号化方式によってセキュアなVPN通信を実現しています。高価なVPN装置やキャリアが提供するVPNサービスは必要ありません。

2要素認証のアクセスコントロール

情報システムアクセスコントロール要件である2要素認証を提供しています。USBシンクライアントアクセスコントロール用のRFC4252準拠ワンタイムパスワードトークンの機能が内蔵されていますので、ワンタイムパスワードトークン・ICカード・指紋認証機器への投資は必要ありません。

情報持ち出し抑止

AcceServe USBシンクライアントにはRAMメモリ領域がありませんので、USBにコピーをして情報の持ち出しはできません。万一の紛失や盗難によっての情報漏洩のリスクがありません。
AcceServe USBシンクライアント動作中は、PCのPrtScrキーが無効化され、転送されてきたアクセス先の情報画面をコピー・ペーストすることができません。

堅牢なトークン

AcceServe USBトークンシンクライアントの内部にはシンクライアントのCD-ROM領域と接続などの設定情報が格納された秘匿領域と書換え不能な固体識別情報エリアで構成されています。
CD−ROM領域と秘匿領域で構成されているAcceServe USBシンクライアントはユーザーや外部のコンピュータウィルスによる書き換えはできません。
したがってAcceServe USBシンクライアントを利用するPCは、シンクライアント利用中にコンピュータウィルスに感染するリスクはありません。

シンプルな管理Web

AcceServe USBトークンシンクライアントシステムのトークン管理・認証・VPN G/Wは、一般的なVPN装置や認証サーバーに比較して管理者の手間を最小にするように、トークン・接続先・システム・イベントログから構成される、シンプルで直感的なWebインターフェイスを備えています。

セキュアな認証・VPNゲートウェイの設置

トークン管理・認証・VPN G/Wは社内のネットワークシステムに設置されます。自社管理ですからID/パスワード流出抑止を主体的にコントロールできます。万一、ID/パスワード流出が流出しても、AcceServe USBトークンがなければ社内のネットワークにアクセスは不可能です。